映画「100日間生きたワニ」に新キャラカエルが登場予定!

100ワニ-カエル

一世を風靡した100ワニが、ついに今年5月に映画化します。
公開まで100日を切ったということでさまざまな情報が解禁されていますが、なんと、映画オリジナルキャラとしてカエルが登場予定とのこと!
これは気になりますね…。

スポンサーリンク

「100日間生きたワニ」とは

映画『100日間生きたワニ』 特報【5月28日(金)公開】

「100日間生きたワニ」は、イラストレーターであるきくちゆうき氏がTwitterで連載していた4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」を原作とする映画です。
ただ、映画版は漫画をそのまま映画したわけではなく、ワニくんのいなくなったその後に焦点を当てた作品になっています。
コロナの影響で延期になるのではないかと思っていましたが、公開日は5月28日に決定したようですね。

原作は連載終了後に絵本として出版されていますが、まだネット上でも読むことができます。
映画公式サイトでもまとめて読むことができるので、実はまだ原作を読んだことがない、映画公開前に読み直しておきたいという人は目を通しておくと良いでしょう。

タイトル変更はコロナの影響!?

昨今はコロナ禍により、これまでよりも死を身近に感じるようになりました。
そのため、100ワニも「死という表現は不謹慎」というコンプライアンス上の問題でタイトル変更されたのではないかと噂されています。
だだ、個人的にはこれはやや的外れな考えだと思いますね。

漫画の内容をそのまま、つまりワニくんが死ぬまでの100日を映画にするのであれば、タイトルは変えるべきではありません。
しかし、映画はワニくん亡き後の仲間たちの姿を主として描いた作品です。
その点を踏まえれば、「100日後に死ぬ~」よりも「100日間生きた~」というタイトルの方がしっくりきますよね。
映画では、ワニくんの死はこれから起こる予告的なものではなく、すでに過去の出来事になっているんです。

カエルって何者!?

カエル
引用元:映画『100日間生きたワニ』公式サイト

カエルは漫画連載時には登場しなかった、映画オリジナルキャラクターです。

カエルの設定

カエルはワニくんの死後みんなの暮らす街に引っ越してきたという設定になっています。
YouTubeの動画の方にも一瞬カエルが映っていますので、おそらく同個体でしょうね。

また、バイク好きという設定もつけられています。
わざわざ公式サイトのプロフィールに書いてるくらいなので、もしかすると重要な設定なのかもしれません。

演じるのは俳優の山田裕貴さん

カエルの声は俳優の山田裕貴さんが演じます。
さまざまなドラマや映画にのお仕事をされている方ですが、声だけの出演というのは珍しいので、どんな風になるのか気になるところですね。

100ワニファン・カエル好きは要チェック!

炎上騒動もありましたが、100ワニ自体は非常に素晴らしい作品です。
ストーリーもさることながら、きくち氏の独特のタッチのキャラクター達もかわいくて良いですよね。
私も連載当時は漫画を読んでいました。

あのタッチでカエルキャラ!しかも動く!ということで、100ワニファンのカエラーにとってはかなりうれしいニュースではないでしょうか。
新キャラカエルくんの姿を確認したい人は、ぜひ映画館へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました