ツノガエルの雌雄判別と繁殖方法について

お久し振りです。

少し前に我が家のツノガエルの性別が判明したのですが、決定的な写真がうまく撮れず、なかなかブログで報告できませんでした。
おそらくオスで間違いないと思います。

画像があまり良くないのですが、親指が黒っぽくなってるのがわかると思います。
これはソイルやエサの破片が付着しているのではなく、カエルのオスだけに見られる抱きダコと呼ばれるものです。
両手の同じ部分にあります。

 

カエルの小作りは少し特殊で、ヒトなどの哺乳類のような体内受精ではありません。
メスの排出した卵にオスが精子をかけることで受精させる体外受精の形式なので、どちらかというと魚類に近いです。
また、卵はメスが自分で好きなタイミングで産卵するのではなく、オスがメスの横腹をつかんで強く押すことで排出します。
この時に活躍するのがこの抱きダコなんですね。

こちらはツノガエルではありませんが、こういう風にカエルの背中に一周り小さいカエルが乗っかってるのを見たことがあると思います。

ちなみに、カエルには尾がないので交尾ではなく抱接と言います。
おそらくカエル以外の生き物に対しては使われることのない単語なんじゃないかなぁと思うのですが…

コメント

タイトルとURLをコピーしました