遺跡から発見されたカエルの骨!供物として使われていたようです。

エラー - NHK

今回は一風変わったカエルニュースです。
古代遺跡からカエルの骨が発見されたようです。
最初は「食用にでもしていたのかな?」と思ったのですが、どうやら人間が食べるのではなく神様へのお供え物として使用されていたようですね。

カエルは日本神話にも登場しますし、縁起の物のモチーフとして使われることも多い生き物です。
亀卜というカメの甲羅を使った占いもありますし、カエルも何らかの儀式に使われていたのかもしれません。

他の記事によると「祭の参加者に振る舞われた」「焼いて薬を作っていた」など様々な憶測が飛び交っており、まだこれといった確証がとれていない状態です。
確かにヒキガエルの分泌液は漢方薬に使われたりもしていますから、薬という説も捨て難いですね…

カエルの骨はしばらくの間、奈良県の桜井市立埋蔵文化財センターで展示されるようです。
吉野町のカエルを供える伝統行事も気になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました