カエルのせいでカエルが死ぬという事実

結構衝撃でした。
詳しくは下記のニュースをご覧ください。

2018年11月15日ニュース「北海道のカエルは本州から来た外来カエルを食べて死ぬ」 | SciencePortal

ざっとまとめると、本来本州にいるはずのアズマヒキガエルが近年北海道に流入してきているそうです。

ヒキガエルは毒を持つカエル。
アズマヒキガエルのオタマジャクシをエサとして食べたエゾアカガエルやエゾサンショウウオのオタマが毒にやられて死んでしまうという…

 

この記事ではなぜヒキガエルが北海道に移動してしまったのかまでは書かれていません。
シカやイノシシならまだしも、カエルが自力で海を渡れるとは思えないので、恐らく人間が運んでいるのでしょうね。

といよりも、悪者扱いされている外来種は全部人間が連れてきたものですよ…

人間の無責任な行動のせいでヒキガエルが悪者扱いされるのは嫌ですね。

生き物の扱いには責任を持つべし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました